パーソナルジムの反応率のよいチラシ作成の仕方

 

from 野島 翼

 

 

 

起業当初~すべてのイベントなどで必要になるスキルそれがチラシ作成のスキルです。

 

どうやって作成しよう。。

 

こう思って手が止まって一日が終わるこんなことってありませんか?

 

今日はそんなあなたのために、これで反応率がきっと変わるチラシ作成の仕方をお伝えしようと思います。

 

 

まずは型を覚える

 

まず最初は型の基本どおりに作成してみるということをおススメいたします。

 

なぜなら、最初からオリジナルで作成しても、また次に作成する時に何を入れた方がいいのか迷って作成をするたびに手が止まってしまうからです。

 

※作成しようとする意思を否定しているわけではありません。

 

 

それでは型の基本をお伝えしようと思います。

 

 

チラシ作成の型

 

【型】

ヘッドライン

ボディコピー

商品説明(特典なども含む)

クロージング

 

一つ一つ説明していきたいと思います。

 

 

①ヘッドライン

 

 

新聞の見出しやキャッチコピーとも呼ばれるもので、お客さんの「何だ?」と思わせる部分です。

 

ここで、その後のチラシの内容を見てもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

 

7~8割がこのヘッドラインで決まるというふうに言われています。

 

チラシの束の一部にされて捨てられるか?目を通してもらえるか?そのくらいここのヘッドラインに力をいれて書く必要があります。

 

例えると、歌手の路上ライブでしょうか?

 

歌を聞いてもらって歩いている人に足を止めてもらう。

 

こんなイメージでしょうか?

少しわかりにくかったかもしれませんが、、、

 

興味をひいてもらうということが大切だということですね。

 

書く際は、「相手の未来を想像させるような、気を引けるヘッドラインを書くようにしましょう!!」

 

 

②ボディコピー

 

この部分は、お医者さんの問診をするイメージがわかりやすいと思います。

 

相手の悩み(痛み)を聞いて(問診)、このままだったらどうなりますということを言われると思います。

 

このお医者さんがしていることをチラシの中でも行うわけですね!?

 

 

相手の悩んでいることは何なのか?

 

「それをリサーチした上で、問題提起をする。」

 

 

その問題提起をしたことに対して、さらに興味をひくようなことをここのボディコピーで書くわけですね。

 

 

ここでもう一つポイントがあります。

 

 

それは・・・

 

 

この問題(悩み)であれば、私達で解決できます。

 

と解決策を明示してあげることが重要になってきます。

 

 

解決策を明示する際に、過去の実績や経歴等があれば説得力が増すので、もしそういった写真や文章が入れることができるのであればチラシに入れるといいと思います。

 

 

③商品説明(特典なども含む)

 

ここでは、実際にあなたの案内したい商品の内容などを説明していきます。

 

この商品をお客さんが手に取ることで、どういった未来(ベネフィット)が待っているのか?

 

このことを想像させることが大切です。

 

 

例えば、パーソナルジムの案内をしたいとします。

 

一般的な案内であれば、「一人に対してトレーナーが必ず一人付くトレーニングになります。」

 

このことで、正しいフォームであったりトレーニングメニューを知ることができます。

 

こういった商品説明が多いように思います...。

 

 

しかし・・

 

 

この内容では、「正しいフォームやトレーニングメニューを知れるんだ。ふ~ん。」

 

これで終わってしまうと思いませんか?

 

 

なぜなら、お客さんは「問題や悩みを解決したい。」ために商品を購入するわけですから、その先を伝えてあげる必要があるわけですね。

 

 

例えば、正しいフォームやトレーニングメニューのことを伝えたいのであれば、正しいフォームやトレーニングメニューをすることによって、効果がより早く現れたり、トレーニングメニューを知れることで今後自分でもトレーニングが可能になり、あなたの今の問題や悩みを今後持つことはないでしょう。

 

 

そう、明確に伝えることで興味を持ってくれている人が「想像しやすい」そんな状態を作り出すことが大切になってくるわけです。

 

 

この他にも他社との違い、特典(オファー)、興味をひいてくれている疑問の声に答えたりすると今までに以上の反応が得られる確率が高くなってきます。

 

 

④クロージング

 

最後のクロージング部分です。

 

クロージングとは、このチラシ案内でいう申込先やお支払い方法などのことです。

 

ここが明記されていないとせっかく今まで興味をひいてくれた方が離脱してしまう。

 

そんな状況になりかねません。

 

なので、しっかりと明記されているか?チラシを作成し終わった後でもチェックすることをおススメします。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

なんとなくチラシ作成ができそう?

 

そんな気がしてきたのではないでしょうか?

 

私もこの型を基本として作成したり、スタッフに作成してもらったりしています。

 

まずは型を基本として、あなたもチラシ作成をしてみてはいかがでしょうか?

 

参考までに、これを応用することでLP(ランディングページ)なんかも書けたりします!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

このブログを最後まで読んでいただけたあなたに、お役に立てる情報を発信しています!!


【メルマガ】

https://peraichi.com/landing_pages/view/merumaga-register

 

※役に立たないな、そう思ったのならすぐに解除することができます。

 

特別な先行案内もしていますし、日常の中でパーソナルジムに関する情報やビジネスに関す情報が得られますのでぜひご登録ください。

 

【スポーツビジネスオンラインサロン】

スポーツビジネスに関する役立つ情報を発信しています!!

 

URLをクリックし、グループに参加ボタンから参加することができます。
管理者が許可をすると参加することになります。

 

https://www.facebook.com/groups/suportsbusiness/?ref=share

 

一人勝ちの時代はもう終わりました。これからはコミュニティで何かに取り組んでいく時代に突入します。いや、すでに突入しています。

 

そんな時代に立ち向かうために、一緒にスポーツ業界を盛り上げましょう。

あなたの参加をお待ちしております。スポーツ業界でない異業種の方もいらっしゃいます。

=====

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事