自分の合った集客方法を選択する

 

from 野島 翼

 

 

 

これは誰もが避けては通れない道です。

 

それが、お客さんをあなたの商品へ「集客する」こと。

 

 

お客さんが購入してくれないと、その商品が人の役に立つ機会を失ってしまうということになります。

 

集客をできる力こそ身につけるべきで、それは偶然でもなんでもありません。

 

マーケティングを学んだ上で、どの方法が自分達に合うものなのかを選択していくのです。

 

 

今日は、集客の方法について書いていきたいと思います。

 

 

 

チラシを作成し、配布する方法

 

これは誰もが思いつくもので、効果のあるものだと思います。

 

私の事業では、主にこの手法を取り入れています。

 

なぜなら、見込み客となる人へ直接届けることができたり、事業のことを認知してもらえるからです。

 

 

例えば、幼稚園・保育園生を対象とした事業をしているとしましょう。

 

すぐに見込み客となる人へ届けるためには、幼稚園・保育園へ行ってチラシを直接配ることです。

 

幼稚園・保育園生全員が見込み客となるため、直接手に届けることができればチラシの効果は最大限に発揮されます。

 

時間はかかりますが、経費を最小限に抑えたい方には、おススメの方法です。

 

 

 

新聞折込

 

先ほどの訪問をして直接渡すものと、新聞折込をして見込み客へ届ける方法があります。

 

 

見込み客が新聞を見る世代であれば、この方法もいいかと思います。

 

ただ、年齢層が若めの世代にはなかなか効果が発揮されないのかもしれません。そもそも、新聞をとっていなかったりしますからね。

 

訪問して配布する方法と違いコストはかかりますが、訪問の方法と比べると時間がかからないことが特徴です。

 

いまだに新聞折込がされているものをみると、やはり一定の効果はあるようですね。

 

 

 

広告をあげる

 

ここでいう広告は、メディア上にあがる広告を指しています。

 

 

スポーツビジネスで、今一番効果のあるものといえばFacebook広告とInstagram広告かもしれません。

 

なぜなら、多くのユーザーが使用しており、見込み客(ターゲット)設定もできるからです。

 

FacebookのユーザーとInstagramのユーザー層では大きく異なるのも特徴です。

 

どちらかというとFacebookのユーザーの方が30歳以上~50代後半、Instagramのユーザーの方が10代~20代後半までの層が多いように思います。

 

 

この使用している層を理解しておくことで、広告のあげ方も異なってきます。

 

 

FacebookとInstagramは連動させることができるため、多くの見込み客へ情報を届けることが可能です。

 

 

 

FAXのDM

 

これは、個人向けの事業というよりは、法人向けの事業をする時におススメの方法です。

 

 

インターネット上にあげてあるFAX番号へ募集内容などを盛り込んだFAXを送るというものです。

 

郵送という方法もありますが、書類に埋れてしまってなかなか見てもらえない可能性も大いにあります。

 

しかしながら、FAXだと事務処理の方に確実に目を通してもらえるので、FAXでのご案内は有効的な手法です。

 

1度データを登録しておけば、次回送付する際に時間をかけることなくFAXできるので、予め登録されていることをおススメいたします。

 

 

 

まとめ

 

あなたも試してみたことがあるものばかりだったかもしれませんが、まず試してみて自分の事業、地域、年齢層ではどの方法がいいのかなどを見極める必要があります。

 

どれも共通しているのですが、まずは見てもらうためにヘッドラインであったり、画像であったり、「なんだ?見てみよう!」と思わせることが大切です。

 

 

そのためには、お客さんの興味・関心があることって何だろう?と真剣に考えることで、お客さんが疑問に思うことが浮かんでくるのだと思います。

 

 

あなたも最小の経費で最高の結果を得ていくためにも、どの方法が上手くいくのか事業を作る中で掴んでおくことが重要です。

 

 

そのために常に市場を調査することを忘れないようにしたいものですね。

 

 

 

あなたの関係する方々が笑顔で包まれることを祈って...。

 

 

 

 

このブログを最後まで読んでいただけたあなたに、お役に立てる情報を発信しています。

=====================
【メルマガ】

メルマガ登録はこちらから

※毎週月曜日と金曜日に配信を行っております。

 

※役に立たないな、そう思ったのならすぐに解除することができます。

 

特別な先行案内もしていますし、日常の中でパーソナルジムに関する情報やビジネスに関する情報が得られますのでぜひご登録ください。(メルマガ購読は無料となっております。)

=====================

=====================

【スポーツビジネスオンラインサロン】

スポーツビジネスに関する役立つ情報を発信しています!!

※毎週月曜日と金曜日に配信を行っております。

 

URLをクリックし、「グループに参加」ボタンから参加することができます。
管理者が許可をすると参加することになります。

 

オンラインサロン登録はこちらから

 

一人勝ちの時代はもう終わりました。これからはコミュニティで何かに取り組んでいく時代に突入します。いや、すでに突入しています。

そんな時代に立ち向かうために、一緒にスポーツ業界を盛り上げましょう。

 

あなたの参加をお待ちしております。スポーツ業界でない異業種の方もいらっしゃいます。(オンラインサロンは無料で参加できます。)

=====================

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事