お客さんは何のために商品を購入するの?

 

from 野島 翼

 

 

 

よく起業当初深く考えさせられた言葉が、タイトルにもあるように「お客さんは、何のために商品を購入するのか」ということです。

 

自分の欲求を満たすため?
誰かの欲求を満たすため?
世間の動向?

 etc

 

人はこういったことの実現のためだけに商品というものを購入するのでしょうか?

 

 

人は何のために商品を購入し、商品というものはどういったものなのか考えていきたいと思います。

 

 

あなたにとっての商品とは?

 

商品とは、経済活動において生産・流通・交換される物材のことである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

 

一般的な解釈としては、こう説明されています。

 

 

しかしながら、経営を行っていく上での商品というのは、お客さんを次なる場所へと導く架け橋のようなものでなくてはいけません。

 

 

つまり・・

 

 

お客さんが欲しいのは、その商品そのものではく、、、

その商品を購入することで得られる「未来が欲しい」ということです。

 

 

経営者はこの視点を必ず持つ

 

スポーツサービスを提供している人達に多いのが、自分のスキル・経験・知識が高く、どうしてもお客さんの欲しい未来が何なのかをわからず募集してしまうということです。

 

チラシ・SNS・広告などでは、興味や関心のない人達に少しでもこの情報を読んでみようと思ってもらうことが、スポーツサービスを提供する人達には必要なのですね。

 

スポーツサービスの原点

「顧客目線」を忘れた瞬間から少し違った経営思考になっていくのかもしれません。

 

 

なぜお客さんにとってその商品が今必要なのかを考え、伝えることこそ顧客目線のサービスだと思います。

 

 

人気のある商品には、必ずヒントが隠されていて、そのヒントから商品の生い立ちを学ぶことで自社の商品を作る際の参考になるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

 

・商品とは、お客さんの欲しい未来へと導く懸け橋のようなもの
 →商品そのものが欲しいわけではない。

・商品を作る際は、顧客目線を持ち商品がお客さんにとってどのような未来へ導いてくれるものなのかを伝える必要がある。

・人気の商品にこそ、ヒントが隠されていて、生い立ちを学ぶことによって自社製品を作る際に役立つということ。

 

このことを忘れず、商品を作ることによって、販売する際にもお客さんにも説得力が増して売れやすくなるはずです。

 

 

今から商品を作ろうと思っていた方は参考にされてみてくださいね。

 

 

 

あなたに関わるすべての人達が笑顔になることを祈って...。

 

 

このブログを最後まで読んでいただけたあなたに、お役に立てる情報を発信しています。

=====================
【メルマガ】

メルマガ登録はこちらから

※毎週月曜日と金曜日に配信を行っております。

 

※役に立たないな、そう思ったのならすぐに解除することができます。

 

特別な先行案内もしていますし、日常の中でパーソナルジムに関する情報やビジネスに関する情報が得られますのでぜひご登録ください。(メルマガ購読は無料となっております。)

=====================

=====================

【スポーツビジネスオンラインサロン】

スポーツビジネスに関する役立つ情報を発信しています!!

※毎週月曜日と金曜日に配信を行っております。

 

URLをクリックし、「グループに参加」ボタンから参加することができます。
管理者が許可をすると参加することになります。

 

オンラインサロン登録はこちらから

 

一人勝ちの時代はもう終わりました。これからはコミュニティで何かに取り組んでいく時代に突入します。いや、すでに突入しています。

 

そんな時代に立ち向かうために、一緒にスポーツ業界を盛り上げましょう。

あなたの参加をお待ちしております。スポーツ業界でない異業種の方もいらっしゃいます。(オンラインサロンは無料で参加できます。)

=====================

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事